我が子をキッズモデルに育てあげる!|ここを抑えれば大丈夫

スタジオ

キャスティングのイロハ

カメラマン

タレントを何らかのイベントに紹介することをキャスティングと言います。キャスティングを検討している方は、これを専門としている会社に依頼しましょう。キャスティングに関するあらゆる作業を難なくこなしてくれます。

もっと読む

オーディション合格のコツ

歌うメンズ

プロのボーカリストになるためには、ボーカルオーディションをパスしなければなりません。ボーカルオーディションをパスするには、デモテープ録りや実技など、いろいろな部分で対策を練らなければなりません。

もっと読む

面接はここに注意

女の子

自分のこどもをテレビや雑誌で輝くキッズモデルに育て上げたい、という願望を持つ方は少なくありません。自分のこどもをキッズモデルにするには、まずキッズモデルを募集しているところを探す必要があります。まずはこども向けのファツション誌やインターネットサイトなどから、キッズモデルの募集案件を探しましょう。インターネット上には、少し怪しげなサイトや会社が見られることもあるので、容易に応募をかけるようなことは止めましょう。応募先が見つかったら、応募をかけて返事を待ちましょう。履歴書を見て即採用、となるケースもあれば、面接試験が行われることもあります。面接の場では、自己紹介及び自己アピール、そして簡単な質疑応答が行なわれます。親子同伴で面接が行なわれるパターンと、こどもだけが面接を行なうパターンがあります。就職面接や私立小学校の受験時の面接と似たような感じだと捉えておけばよいでしょう。キッズモデルの面接の場では、やはりアピール力が大きなキーポイントとなります。自分の名前がしっかり言えること、そしてキッズモデルになりたいという強い気持ちをアピールできれば、良い結果が期待できるでしょう。

キッズモデルの面接に臨むときは、服装にもこだわっておきましょう。ブランドのモデルオーディションである場合は、そのブランドの服を着ておけばOKです。基本的に参加者の大半がそのような服装でオーディションに臨んでいるので、そこはしっかり押さえておきましょう。

読者モデルになるために

レディ

ファッション誌を飾る読者モデルになるためには、募集フォームへの入力作業や自己アピール力を高める作業など、いろいろな部分に力を入れていく必要があります。応募に使う写真も重要です。

もっと読む